アメリカのMBAランキング

アメリカ国内のビジネススクールランキング

ビジネススクールの生みの親であるアメリカのビジネススクールは様々な専門誌や教育機関によって常にランク付けされ常に鎬を削っています。もちろん出願校選定の際ランキングを過度に意識しすぎることはよくありませんが、客観的な基準として目安になります。ランキング雑誌もいくつかありますが、ここでは一般的に信憑性が高く外資系を中心とした人事課でも重宝されているランキングをご紹介したいと思います。

U.S. NEWS (ユーエスニュース):

世界的に最も権威のあるビジネススクール認定機関のひとつであるAACSB (The Association to Advance Collegiate School of Business)が認定する約500校のビジネススクールを対象としたランキングです。主な審査基準は、1)ビジネススクールが他校のプログラムを評価、2)企業採用担当者(人事部)の評価、3)卒業生の給与やボーナス、4)卒業生の内定率、5)MBAコース入学者のGMAT及びGPAの平均値などで毎年審査が行われランク付けされます。

またU.S.Newsのランキングはアカウンティング(会計学)、ファイナンス(財務学)、国際ビジネス(インターナショナルビジネス)など分野別にもビジネススクールをランク付けしています。

≫ 2007年、2008年U.S.Newsランキングはこちら

BUSINESS WEEK(ビジネスウィーク):

Business Week のランキングは、アメリカ国内のビジネススクールランキングと、アメリカ以外のビジネススクールランキングを二年に一度発表しています。Business Weekのランキングの特徴はその審査方法にあります。U.S.Newsなど多くのランキングは入学者のGMATスコアやGPA、卒業生の初任給などを数値データ化しランキングを出しています、一方Business Weekは卒業生と企業採用担当者に50項目にも及ぶアンケートを実施その結果をもとにランキングを発表しています。

実際現在(2008年)厳選したビジネススクール127校を対象に80,000人を超える卒業生にアンケートを実施し、約23,000人から回答をもらいランキングを完成させています。そのためU.S.Newsより企業人事担当者はこちらのランキングを重視するという話もあります。

≫ Business Week最新アメリカランキングはこちら

FINANCIAL TIMES (ファイナンシャルタイムス):

Financial TimesはAACSB (The Association to Advance Collegiate School of Business)が認定する156校のビジネススクールを対象としています。ランキングは現在アメリカ国内、ヨーロッパ内、アジア内、カナダ国内別にMBAコースのランキングを発表しています。

ランキングの審査は、主に1)卒業生の給与、2)卒業前との昇給率が主な基準で、その他3)卒業後のキャリアゴールの達成度や昇進、昇給率、4)卒業後3ヶ月以内の内定率などMBAコースが及ぼすキャリアへの貢献度を主に審査基準としています。上記のように主にMBAコースが卒業生に及ぼすキャリアへの貢献度を卒業生に行うアンケートや独自の調査などでデータ化しランキングを発表します。キャリアへの貢献度を主に審査対象としていますので、MBAコースのキャリアへの投資効果を計るなら最適のランキングと言えます。

≫ 2008年Financial Timesアメリカランキングはこちら

THE WALL STREET JOURNALS (ウォールストリートジャーナル):

The Wall Street Journalは、ニューヨークで発行されている主に世界各国の経済や金融に関する記事を中心に載せている日刊新聞です。The Wall Street Journalが毎年アメリカのマーケットリサーチ会社であるHarris Interactive Inc., と協力し世界のビジネススクールをランク付けしています。

このランキングの最も大きな特徴は、学生の満足度や就職率、卒業者の初任給といったコース修了者に関してではなく、全て企業側(主に企業採用担当者)からの意見でランキングが決まっているということです。実際に主に企業採用担当者に実際にインタビューを行い、その結果からランキング付けをしています。インタビュー対象者は採用担当者だけでなく、マネジャーや社長といった管理職を含み多岐に渡ります。学校はアメリカの学校はAACSB認定校から焼く184校選び審査をし、アメリカ以外でも約80校を審査対象としています。

またランキングがNational School Regional School, International Schoolと分かれていますが、これは国立大学、公立大学という意味ではなく、企業からのインタビューの結果をもとに、
National School:世界的に知名度のある企業に有利な学校
Regional School:特定の地域で知名度のある企業に有利な学校
International Schol:主に国際的ビジネスと手掛ける企業に有利な学校
としてランク付けされています。

さらに「コンサルティング関連」、「ファイナンシャル関連」など業界別ランキングも公表していることも特徴です。

≫ 2007年The Wall Street Journalアメリカランキングはこちら

MBA学校紹介 About Business Schools